次世代超硬溶射皮膜 DF-KOTE® - 溶射・表面処理のことなら倉敷ボーリング機工株式会社

English Site採用ブログ

Introduction

包装、電子部品向け高分子フィルム材料の製造過程においても溶射が施されたロールが多用されるようになってきています。このようなフィルムの製造工程は技術開発が行われ日々その手法が変化しています。元来、ロール表面に用いられる表面処理はめっきもしくはゴム巻きがほとんどでした。

しかし近年、多様なフィルム製品が開発、製造され、ロール表面に様々な機能が求められるようになってきており、従来用いられていた表面処理だけでは要求を満たすことができなくなっています。

このような要求に応えるべく弊社では従来のWC系サーメット溶射をさらに発展させた溶射皮膜DF-KOTE®をご紹介します。

DF-KOTE®の特徴

DF-KOTE®導入によるメリット

耐摩耗性の向上

適用例