航空機部品用溶射皮膜 - 溶射・表面処理のことなら昭和32年創業の倉敷ボーリング機工株式会社へ

English Site採用ブログ

航空機部品用溶射皮膜

Introduction

空への挑戦 - 人類は空を飛びたいと憧れ続け、何世紀もかけてその願いを叶えました。
そして現在、飛行速度、安全性、軽量性、環境適合性等、さらなる高性能を求め、飽くなき研究開発が続けられています。

特に近年、エンジン作動最高温度が1,600℃の航空機ジェットエンジンが実用化され、より過酷な環境から構成部品を保護し、部品寿命を確保するべく、遮熱コーティングの要求精度が高まっています。

溶射は、ボーイング社やエアバス社といった航空機メーカーから、クロムめっき代替となる表面処理技術として認証されており、耐環境性という観点からみても、市場の要求を満たしています。

航空機部品用溶射皮膜の特性一覧

航空機部品用溶射皮膜の特性

4M - 人[Men]・機械[Machine]・材料[Material]・方法[Method] - の要素

倉敷ボーリング機工は、航空機部品共同受注グループ「ウイングウィン岡山」に参加しています。