繊維関係のお客様へ - 溶射・表面処理のことなら昭和32年創業の倉敷ボーリング機工株式会社へ

English Site採用ブログ

繊維関係のお客様へ

Introduction

繊維産業界でも摩耗は大きな問題です。繊維や糸は柔らかい材料であるにもかかわらず、高速で処理されるため、摩耗現象が発生します。

繊維機械部品の表面は正確に管理され、巻き取り、縒り掛け、紡ぎ等に適した仕上げが必要です。特に糸から編む時に、高速で走る糸の方向転換、張力調整に固定のバーが使用されますが、この部分の摩耗が生産効率を大きく左右します。

倉敷ボーリング機工では、これら部品の使用環境に最適なセラミックス溶射皮膜をご提供しています。

ガイド用セラミックス溶射皮膜の特徴

ガイド

セラミックス溶射導入によるメリット