石油精製・石油化学関係のお客様へ - 溶射・表面処理のことなら昭和32年創業の倉敷ボーリング機工株式会社へ

English Site採用ブログ

石油精製・石油化学関係のお客様へ

Introduction

石油精製・石油化学プラントには、数千台以上のポンプが設置されています。ポンプにはシール部があり回転体と静止体が共存しており、そこで必ず摩耗が起こります。

また、回転体には、フレッティング摩耗、かじり付き、キャビテーションなど様々な現象が起こります。さらに、酢酸、硫酸、塩酸など液の種類によっては、腐食が非常に激しく、耐食処理も欠かせません。

倉敷ボーリングでは長年、水島コンビナートの保全業務に携わり、上記のような課題に対し、溶射と機械加工による解決策をご提供してきました。

倉敷ボーリング機工溶射補修の特徴

コンビナート

メリット

トータル補修、製作が可能

その他の製品への溶射・機械加工の適用事例は、プラント関係溶射・機械加工事例